So-net無料ブログ作成

チャムロッシュ [FF11]

花鳥風月パフラウのステップ1NMです。
特に構成も選びませんし、適当に殴ってればおkです。
範囲魅了「漫談」の対処だけ決めておくと負けることはないでしょう。
①全員で食らう。あぶれるとタコ殴りに合う。割と範囲がせまいので後衛も前衛のそばに寄っておく。
②漫談で全員魅了されるとタゲが切れて敵のHPが回復してしまうのでスリップを入れておく。
③後衛は漫談直前にヒーリングできると魅了中もヒーリングしたままなので効率がよい。
しょぼアイテムしか落としませんのでステップ2への通り道ってとこですね。

*   *   *


福田総理が辞意を表明しました。
8/1に内閣改造を行ってますので、辞めようと思っている人間がわざわざ内閣を改造したりはしないと考えると、おそらく内閣改造以降に起こった出来事の中に退陣フラグがあったのでしょうね。

そのフラグの1つに、太田なにがしとかいう農水大臣の事務所費問題があったと思います。
この手の問題は国民の前で明確に説明ができて、疑惑を完全に晴らすことができなければ後々まで尾を引きます。
そして誰もが納得する説明をするなど不可能なことです。
この問題を抱えたまま臨時国会を乗り切ることは厳しいって判断があったんでしょうね。
福田総理もこんなろくでもない男を大臣に選んでしまうなんて、運が無いですね。

安倍前総理も赤城なにがしとかいう地雷を農水大臣に登用してしまい、被弾してしまいました。
ぼくは安倍内閣を熱烈支持していたので、この赤城にはほんと腹が立ちましたね。
政治と金の問題があれこれ出てきたあたりから安倍内閣の支持率は低迷しだします。
しかし安倍さんになにか落度があったわけではありません。
閣僚の妄言や不祥事が相次ぎ、国民の政治不信が広がっていったのです。
安倍総理は近代では珍しく、この国をどのようにしたいのかという理念を明確にもっている宰相でした。
戦後レジームからの脱却、すなわち占領下で形成された体制を作り直そうという考えです。
その実現を目指して、教育基本法の改正、防衛庁の省への格上げ、憲法改正を予定した国民投票法の成立と、安倍内閣の実績は枚挙にいとまがありません。
安倍総理は後世に高く評価されると思いますが、在任中にまわりが足を引っ張って低支持率にあえいでいたのがほんと気の毒です。
参院選の大敗も、全部赤城のせいですよ。
ろくな会見もできない無能なくせに、バンソーコーを貼って出てきたり!
まぁ安倍さんはまだお若いので、再起をはかってまた再登板して欲しいものです。
赤城はもう大臣どころか党の役職にもつくことはないでしょう。

安倍政治のスローガンの1つとして「美しい国づくり」というのがありましたね。
こんなわかりやすく国益の凝縮されたセンスのよい素敵な言葉は他にありません。
美しい国とはどんな国なのか。その前に日本という国はどんな国なのか。
かつて森総理は「日本は天皇中心の神の国」と発言しました。
ほんとその通りですよね。
この発言は物議を醸しましたが、何が世間から非難されていたのかまったくわからなかった。
ぼくは大学時代にやや右寄りの憲法のゼミをとっていまして、そこで改憲案として国家元首は天皇に変えたほうがよいと考ていました。
わが国と同じく立憲君主制をとるイギリスの国家元首がエリザベス女王であるのといっしょですね。
また古来よりわが国には八百万(ヤオヨロズ)の神がいると言われ、山にも、樹にも、石にも、便所にすらも神は宿っていると伝承されています。
そう、まさに日本は天皇中心の神の国なのです。
マスコミや野党は国民主権や信教の自由に反するなど批判しましたが、程度の低い因縁をつけてるようなもんです。

今回の福田総理の退陣劇でも、野党は先週までは「総理は太田農水相の任命責任をとって辞任しろ!」って言ってたんですよ。
それがいざ辞任するとなると「投げ出すな、無責任、逃げた」とかって言い出したが???
辞めて欲しかったんじゃないの???
辞めろ辞めろ言ってたのが、その願いどおり辞めることになったんですから
「私たちの主張どおり辞めてくださってありがとうございます」
くらい感謝の言葉を述べてもいいと思いません?
野党はいつもこうなのです。
言ってることが支離滅裂。
ただなんでもいいから政権批判をしたいだけなんです。
言ってることの中身なんてまるでないんです。
低俗な言いがかり、こじつけで戦ってるところを見せられればそれでいいんです。
小学生が口喧嘩をふっかけているようなもんなのです。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。