So-net無料ブログ作成
検索選択

Xbox360版FF11 [FF11]

パソコンが壊れてしまいました。
しかたがないので次の日にXbox360を買ってきてFFの環境を整えました。
どうです?早いでしょう?
問題が起きた次の日に代替手段を用意して復帰する。
素晴らしい危機管理能力だと思います。

あらためてパソコン版が優れているなってのを実感しました。
画面がきれいなのと、あとゲーム機よりは軽くて操作性がよかったですね。
Xbox360が最低なのは、win版・PS2版の決定ボタン、キャンセルボタンの位置が逆になってるんです。
これはなかなかしっくりきません。
まぁテレビが37型なんで、迫力はあって楽しいですけどね。
あと日本語入力システムが頭が悪すぎて、何度やっても変換を覚えてくれません。
ぼくは最善の表現でチャットを発したい人間なので、変換に時間がかかってストレスがたまります。
パソコンを修理に出して戻ってきたら、もうXbox360でFF11をプレイすることはないでしょうw



*   *   *


さて参院で首相の問責決議が可決され、政治決戦の熱を帯びてきましたね。

わが国は民主主義国家だと思ってる人が多いですが、それは外観的なものであって実際は違います。
我々が選んだ国民の代表が政治にたずさわるという「間接民主制」をとっているわけですが、ただ実際にこの国を動かしているのは政治家ではなく、官僚です。
政治に不満をもち、選挙でその意思表示をし、政権交代が起こったとしても、政権与党は変われど官僚は変わりません。
つまり我々国民に政治を変える力などないのです。

さらに言うと主権は国民にあるのではなく、実際は官僚にあるのです。
官僚はとても頭が良いので、あからさまに自分らに主権があるかのような行動はとりません。
いかにも憲法の条文通り、主権は国民にあるかのようなまやかしを国民に見せているのです。
実際に国を動かすのは官僚の意思であり、国民の意思ではありません。
しかしわが国のような成熟した国では、官僚の意思と国民の意思が大きく乖離することはないので、革命が起きて体制を転覆させようといった発想も生まれてきません。

ただマッサージチェアを買ったり、豪華な職員旅行にいったり、最近のタクシー社内接待などはどうしても許せませんね。
人間は貧乏には我慢できますが、不公平には我慢できません。
しかしいくら怒ってもどうしようもありません。
我々の最大の武器である「選挙」で政権交代を実現しても、官僚体制を一新することはできないからです。

近いうちに総選挙が行われ、自民党と民主党が雌雄を決することになります。
しかし民主党が自民党にとってかわったとしても、大きく世の中を変えることはできません。
実際に政治を動かしているのは官僚で、政権交代が起きても官僚は誰一人変わらないからです。
官僚を怒らせると内閣も機能不全に陥ってしまいます。
何も重要な情報があがってこなくなるからです。
官僚の言いなりになるしかないわけですね。

この国は官僚主義なのです。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。