So-net無料ブログ作成

アポリオンNW [FF11]

NWでのメインイベントはファフ戦ですね。
精霊→印スリプルの繰り返しで削っていきますが、今回はアホカナヤマがスリプルが早すぎて起きてしまいました。
そこからぐだぐだに崩れて、1回全滅かな?って思いましたが
あのファフすごく足が遅いんですね。
もう印がなくて寝かせられなくなってましたが、走って逃げてるうちに衰弱が治ったりしてなんとか倒せました。


*  *  *

中国で大地震がありましたね。
年初の記録的な大雪に続き、大きな自然災害に見舞われてしまいました。
オリンピックイヤーだというのについてない国ですね。

その北京オリンピックの聖火リレーが各国で騒動を巻き起こしました。
チベットで暴動が起こり、それを中国政府が武力鎮圧したという報道に、世界中から非難が集まったのです。
でもこれって「くに」としてあたりまえのことじゃないですかね?
街中で少数民族が暴徒となり増えて行き、店などを破壊しだして街中が暴力で騒然となっていくのを、黙って見ている治安当局なんてありますかね???
一般市民の生命が危険にさらされているんですから、どんなに立派な主張を述べていたとしても、暴力や破壊活動に軍や警察を派遣することは「くに」として当然の治安維持行為だと思います。
ヨーロッパのフリージャーナリストがぎゃーぎゃー騒いで聖火リレーを妨害してましたが、自分の国は少数民族が暴動を起こし、無関係の市民が怪我をしたり、街が破壊されていても黙って見ている国なんですかね?

そもそも中国政府に抗議するために、聖火リレーを妨害するっていう行為自体が、正義のかけらもない気がします。
ぼくもかつて中国軍がチベット民族に対して行った、筆舌に耐え難い行為は本で読んだことがあります。
ここにあらためて書くのもおぞましいですし、人間として許せないと思いました。
ただ今回のチベット騒乱と、過去の中国のチベットに対する弾圧をいっしょにしちゃうのは間違いです。
昔あんなことやったんだから、今回も悪いのは中国だっていう、どこかでよくみるロジックですよね。

チベット人にとって、もっと自治権を拡大してほしいなど、中国政府に対してさまざまな不満があるのは理解できます。
だからといって暴動を起こしてその主張を通そうっていうのは単細胞ですよね。
我々日本人だって、政府から不当な仕打ちを受けています。
まじめに年金を納めても、その記録がないと言われるんですから。
これは行政によって国民の財産権が侵害されてるんですから、暴動が起きてももおかしくないくらいのニュースです。
政府に社会保障費をだましとられたようなもんですよ。
でも我々日本人には社会保険庁に焼討に行く人なんていませんよね。
政治に腹が立っても、じっと我慢。
これが成熟した国民と発展途上な国の民との違いですね。

それとチベット人が汚いのは、中国がここ数年でもっとも重要な行事として力をそそいでる、北京オリンピックを人質に取って、自分らの要求を通そうとしているところです。
暴力という低次元な方法で主張を展開しだした上に、やり方が卑怯なんですよね。
当初はマスメディアの論調もチベットに同情的で、中国政府を糾弾するようなものでしたが、だんだんと変化していきました。
「フリーチベット」と聖火リレーを妨害することに、何の関係があるのかわかりません。
長野の聖火リレーで、卓球少女が走ってるとこに襲いかかっていったチベット人見ました?
まさにキチガイとしか言えず、おおよそ真っ当な信念を持って何かを主張する人間には見えませんでした。
あれは北京オリンピックへの悪質な嫌がらせでしかないのです。

さてそんな漢民族とチベット人。
今回の地震で建物の下敷きとなったチベット人を、人民解放軍が救出する。
そのような美しい命の助け合いから、相互理解が進んでいくとよいですね。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。